禁煙治療の金額が明確なチャンピックスと禁煙事業

チャンピックスが市場に登場し、保険適用で禁煙治療に利用することができるようになったことを受けて、より積極的な禁煙事業が展開されるようになってきました。禁煙のための助けになるグッズなどは多数開発されてきていましたが、保険診療で行えるものがないという状況は禁煙事業を展開する上での大きな障害となっていたのです。禁煙を達成するためにどれだけの金額を準備しなければならないのかということも予想が立たないということが多かったものの、保険診療で行われる治療法が確立されたことによって、どれだけの予算があれば試しにやってみることができるかということも明確になりました。具体的な金額が提示できるというのは禁煙事業を展開する上では有利なことであり、チャンピックスの登場によって禁煙の推進が行いやすくなったのです。チャンピックスによる禁煙治療では8週間から12週間の治療を行うことが必要になり、その間にかかる費用の自己負担額は自己負担を3割とすると一万三千円から二万円となります。この金額をタバコ代と比較すると、同じ期間に1日1箱吸っているだけで二万四千円から三万六千円程度であるということを考えると、わずか半分程度の費用で禁煙治療を受けることができるということがよく言われています。もしチャンピックスを使用することで禁煙を達成できれば、これだけの金額の節約を続けていくことが可能になり、生活も潤ってくることも間違いないでしょう。そういったメリットを浮き彫りにしやすくなり、禁煙事業を後押ししているのが保険診療としての禁煙治療なのです。ただし、保険治療を受けるためにはニコチン依存症と診断される必要があることには留意が必要です。