敷地内禁煙、チャンピックスとニキビについて

チャンピックスは禁煙をする為の飲み薬ですが、敷地内禁煙など禁煙スペースが広がることによって医師にチャンピックスを処方してもらう人が増えています。喫煙者が減少していき喫煙スペースはどんどん少なくなってきているので、仕事をしているオフィス自体が禁煙スペースとなってしまっている会社も少なくありません。このような敷地内禁煙にはやはりチャンピックスのような薬を服用することは効果的ですが、きちんと医師に相談して上手く利用した方が当然禁煙率は高まります。チャンピックスの効果は主に二つあります。一つは脳のニコチン受容体とニコチンが結合することによってドーパミンが放出されてそれにより快感を感じるのですが、タバコの代わりにニコチン受容体とニコチンの結合を促してくれます。もう一つはニコチンと受容体の結合を邪魔することによって禁煙中にする一服があまり美味しく感じなくなります。これらの効果により敷地内禁煙のためタバコを吸いにくい環境の人にとってのストレスを軽減して禁煙の手助けをしてくれます。治療期間は12週間ほどになりますが、その期間は一人で薬の服用を中断するなどの判断をせずに、きちんと医師にアドバイスしてもらいながら禁煙をすすめていくようにしましょう。初回治療だけでその後一人で禁煙を行った人は6.5%の人が禁煙に成功していますが、最後まで治療を受けながら禁煙をしていた人はそれよりも7.5倍の人が禁煙に成功しています。これは二人に一人が禁煙に成功したということになるので最後まで治療を受けることをおすすめします。チャンピックスを服用してニキビができやすくなったという人がいますが、これは薬の副作用ではありません。主に禁煙によるストレスだと思われます。生活習慣を変えるストレスで一時的にニキビが増えることはありますが、禁煙は肌にとって良いことなので、その後はニキビも消えて肌が綺麗になるでしょう。