パイポで難しい禁煙は病院でのチャンピックスに紹介状

健康に対する意識が高まる現代社会ではタバコを吸うことによる健康への悪影響についての理解が深まってきています。そのため、喫煙する習慣のあった人も徐々に禁煙に取り組むようになってきました。それを補助する目的で数多くの禁煙グッズが開発され、それを利用することで禁煙に取り組む人が多くなっています。パイポは比較的古くから用いられるようになった禁煙グッズであり、パイポのバリエーションも豊富になってきています。基本的にはフレーバーなどが含まれているだけでニコチンなどの有害とされる物質を含まないことから、うまくタバコをパイポに置き換えることができれば健康的な生活にデビューすることが可能です。しかし、ニコチン依存症となっている人にはパイポへの置き換えは難しく、なかなか容易には禁煙が達成されてきていないというのが事実です。チャンピックスはニコチン依存症の人にとって救済となる薬であり、ニコチン依存症を解消しながら禁煙を達成することができます。チャンピックスは保険適用で服用することが可能であり、大きな病院の禁煙外来に足を運ぶことで処方してもらうことができます。多くの病院では紹介状がなくても受信できますが、紹介状がないと初診時選定療養費が加算されることになります。そのため、もし別の医者にかかっているのであれば紹介状を書いてもらうことで医療費を節約することができます。情報も適切に伝えられることになるため、チャンピックスを使用できるニコチン依存症かどうかということも予め判断しておいてもらうことも可能です。紹介状があることで医療費の面と情報共有の面で利点があることから、新たに禁煙外来に足を運ぶ際には書いてもらうことが大切です。