チャンピックスはどうのようにして開発されたのか

禁煙補助剤にはニコチンを含む医薬品とチャンピックスのようにニコチンを含まない禁煙補助剤が有ります。
ニコチンが含まれている理由と言うのは、禁煙を開始すると起きるニコチン依存を抑えながら煙草を止めることが出来るようにするためで、煙草を吸っている時はニコチンが体内に入るのでリラックス効果を得られますが、煙草を吸わない時間が長くなることでニコチンを要求する度合いが高くなります。
ニコチンを微量に体内に取り入れる事で煙草を吸わなくてもリラックスしていられると言うのがニコチンを含む禁煙補助剤の特徴と言われています。
チャンピックスはニコチンが含まれていませんが、禁煙を成功に導いてくれる禁煙補助剤として禁煙外来などで処方が行われている医薬品です。
しかし、ニコチンが含まれていないので、どのようにしてニコチン依存を抑えられるのか疑問に感じる人も多いものです。
喫煙をする事でニコチンが体内に入り、ニコチンが脳内に存在しているニコチン受容体に作用すると言います。
ニコチン受容体に作用する事で神経伝達物質でもあるドーパミンが放出されてリラックス効果を作り出しているわけです。
しかし、ニコチンの受け入れが無くなることでドーパミンが放出されなくなり、イライラなどが生じるようになります。
ニコチンを含む禁煙補助剤は、少量のニコチンを体内に取り入れているのでドーパミンの放出が行われているのでイライラ感をおさせ得ることが出来ますが、チャンピックスの場合はバレニクリンと言う医薬品が主成分となっており、ニコチン受容体に対する部分作動薬としての作用が在り、ニコチンを含まないチャンピックスでも少量のドーパミンを放出する事が出来るため、禁煙時のイライラなどを軽減する事が出来るなど、国内で初と言われるニコチンを含まない経口禁煙補助薬が開発されたと言います。

チャンピックスで禁煙を成功させる方法とは

タバコを吸う多くの人が、できれば禁煙したいと思っています。
しかし、タバコは依存性があり、一人の力では挫折してしまうことが少なくありません。
最近は、一般の病院でも禁煙外来があり、医師と一緒に禁煙の治療を行うことができるようになりました。
チャンピックスは、禁煙に使われる飲み薬です。
タバコがなぜ依存性があるかというと、ニコチンが体内に入ると、受容体と結びつき、快感物質のドーパミンが出されるからです。
そのうち、ニコチンがないとイライラするようになり、依存性が高まっていきます。
チャンピックスは、ニコチンの代わりに受容体と結合して、ニコチンがなくてもイライラしにくくなります。
タバコを吸ってもおいしいと感じなくなる作用もあります。
チャンピックスを飲むだけで、禁煙中のつらいイライラを減少させる効果があります。
薬を使わない禁煙より、楽に体からニコチンを減らすことができます。
それでも、やはりタバコを急に吸わなくなるというのは、体だけでなく精神的にも影響があります。
今まで食後にタバコを吸うなどの習慣がある場合は特に難しくなります。
人間にとって習慣を変えるというのは大変なことだからです。
そのようなときは、タバコのことを考えずに、数を数えてみましょう。
タバコを吸いたいという欲求は、実はあまり長く続きません。
少しの時間我慢するだけで、タバコを吸わなくても平気でいられるようになれるようになる時間が増えていきます。
そして、この禁煙は薬を使った治療方法であるために、自分の判断で薬を減らしたり増やしたりしてはいけません。
体にいつもと違う感じがあるときは、医師に相談し、薬の量を自分で調整しないようにしましょう。
薬は12週間という決められた期間を飲み切ることが大切です。

チャンピックス以外のファイザーの有名な薬

チャンピックスは、アメリカの製薬会社が提供している内服型の禁煙補助薬で、禁煙外来で保険診療として処方されます。
タバコに含まれる中毒物質ニコチンが結合する脳内のレセプターに作用することにより、快楽物質のドーパミンを少量だけ放出するという内容です。
このために、ニコチンを補給しなくても苦しくならないので、タバコを止めることが可能となります。
また、チャンピックスを服用している時はレセプターがふさがった状態となっているので、タバコを吸っても気持ち良くはなりません。
このために、吸う必要性を徐々に感じなくなるということも成功率の高さにつながっています。
なお、チャンピックスを販売しているファイザー社は、他にも有名な薬を製造している大会社です。
特に広く知られているのが、1990年代の後半に登場したバイアグラです。
勃起不全を改善するということで、2000年代の初頭にかけて世界中で一大センセーションを巻き起こしています。
バイアグラは、勃起の妨げとなる酵素の活性を阻害するという作用で、元々は狭心症の治療薬として開発されたものです。
しかし、臨床試験では思う様な結果が出なかったために回収しようとした際に被験者が渋ったということがきっかけで、勃起不全に対しての改善効果が発見されることになります。
これは、特定の酵素の活性を阻害することにより、男性性器への血流量が増加するという作用によるものです。
これにより、性的な刺激をきっかけとして、勃起が可能な状態となります。
一方、バイアグラの副作用は血圧が急激に変動するということで、このために心臓に異常がある人や、著しい低血圧や高血圧の人は使用することを禁止されています。